たんぽぽの家 大博覧会 開催!

会期:2023年2月4日(土)〜12日(日)10:00~18:00 最終日15:00 *休館日 2月6日(月)

場所:奈良県文化会館2F 展示室C・D・E (アクセス)

奈良たんぽぽの会が2023年4月に設立50周年を迎えるにあたり、「たんぽぽの家大博覧会」を開催します!

これまで私たちは、人間が生きやすい社会を社会をどうやって作っていくかを考え、さまざまな実験を試みてきました。「人間は開かれたやさしい存在でありたい」という願いからはじまり、多くの人の共感や支援とともに現在も活動がひろがっています。

たんぽぽの家の50年をふりかえるとともに、未来の物語をみなさまとつくる「たんぽぽ博」。ぜひ、この機会にお越しください!

主催:奈良たんぽぽの会、社会福祉法人わたぼうしの会、一般財団法人たんぽぽの家

第47回わたぼうし音楽祭 ネットで開催!

第47回わたぼうし音楽祭は、2022年12月11日(日)にインターネットで開催します!

第47回わたぼうし音楽祭

配信日:2022年12月11日(日)14:00〜

Youtube「わたぼうしチャンネル」にて配信!(チャンネル登録、よろしくお願いします)

♪当日は、入選8作品の発表します!

♪「わたぼうし大賞」は、視聴いただいているみなさんからのオンライン投票と、当日の審査員の審査により決定します!審査方法などの詳細は、音楽祭当日にご案内します。

♪ゲストパフォーマンスには、全盲で車いすのミュージシャン・山下純一さんが登場します!(詳細はこちら

奈良の真夏の祝祭「わたぼうし音楽祭」は、1976年に日本のふるさと奈良で誕生日しました。

障害のある人たちのこころを歌い続けて47年、わたぼうしのやさしさの種は、風に吹かれて飛んでいき、国内外で希望の花を咲かせています。

私たちは、8月7日(日)「第47回わたぼうし音楽祭」を奈良県文化会館で3年ぶりにホール開催しようと準備をすすめてきましたが、新型コロナウイルス感染急拡大のため、一昨年・昨年に続きインターネットで開催することにしました。入選されたみなさん、会場にお越しくださるみなさんをはじめ、関わるすべてのみなさんのいのちと健康を守るための苦渋の選択でした。

「第47回わたぼうし音楽祭」は、急きょインターネット開催となりましたが、わたぼうしスピリッツは不滅です。インターネットのメリットを生かし、新しい時代の新しい「わたぼうし音楽祭」をみんなとともにつくり上げたいと思います。

そして、障害のある人たちの歌の力で、新型コロナウイルス感染や戦争によって分断されつつある人と人、人と社会のつながりを取り戻したいと思います。

テーマソング「わたぼうし」の動画を募集!(募集は終了しました)

「わたぼうし音楽祭」では、音楽祭の最後に出演者も会場のお客さんも、スタッフもみんなでテーマソング「わたぼうし」を大合唱します。
昨年一昨年に続き、今年の夏も会場でみなさんと声を重ねることはできませんでした。インターネット開催となったわたぼうし音楽祭ですが、気持ちも新たに、全国各地・世界中にいるみなさんから「わたぼうし」を歌った動画を募集します!
ぜひ、元気に楽しく歌った動画を撮って送ってください。たくさんの人たちと一緒に、笑顔で声を重ね、心を重ねたいと思います。

*参考動画:「第46回わたぼうし音楽祭」エンディングの様子

◎募集内容

・テーマソング「わたぼうし」を歌った動画を募集します。  *サンプル動画はこちら

・歌うのはひとりでも、グループでもOK!歌っても踊ってもOKです。
・歌は約6分間です。 「♪フンワリフワフワ〜 」は最後、10回繰り返します。がんばって元気に歌ってください。
・上手に歌わなきゃ!と気負わず、楽しく元気に歌ってください。

◎動画の撮り方

・スマホやタブレット、デジタルビデオなどで撮影してください。
・画面は「横向き」で撮ってください。

*注意ポイント* 
YouTube「わたぼうしチャンネル」のサンプル動画の音声を、みなさんはイヤフォンなどで聞いて歌ってください。撮影するときは、みなさんの歌だけが録画・録音されている状態にしてください。
・出来るだけみなさんの声が録音できる静かな場所(できれば屋内)で撮影してください。屋外で特に風の強い場所、海や川の近く、人が大勢いる場所などは声が聞こえづらいのであまりオススメしません。

◎動画の送り方

・撮影した動画を「ギガファイル便」や「ファイヤーストレージ」などの大容量のデータ圧縮サービスを利用してURLを下記のメールに送ってください。
・送付いただく際、「お名前もしくはグループ名」「地域(市町村まで)」をおしらせください。音楽祭へのメッセージなど頂けたら嬉しいです。

*テーマソング「わたぼうし」募集 専用メール  wmf-song@popo.or.jp

〇参加したいけどよくわからない方は、個別にご相談ください。

◎募集締切 2022年10月31日(月)

[お断り]
・送られてきた動画の中で、特定の政治的メッセージを含むもの、過剰な性的・暴力的なシーンがあるもの、その他テーマソング「わたぼうし」に相応しくないと判断された動画は採用いたしません。

ニュートラ展 in 京都 12月15日(木)-25日(日) 京都伝統産業ミュージアム

NEW TRADITIONAL(ニュートラ)は、福祉と伝統工芸のあたらしいものづくりの可能性を探り、それらが息づく生活文化を提案するプロジェクトです。これまで、ものをとおしてつくり手、つかい手、つたえ手が垣根をこえて交流し、語り合う場をつくってきました。このたび、ニュートラの実験と実践を紹介する展覧会を京都で開催します。みなさまのご来場お待ちしております! 

チラシをダウンロード

「ニュートラ展 in 京都」開催概要

会期:12月15日(木)〜25日(日) 9:00~17:00
会場:京都伝統産業ミュージアム(京都市左京区岡崎成勝寺町9番地の1 京都市勧業館みやこめっせ 地下1階)
入場無料、予約不要

共催:株式会社京都産業振興センター、一般財団法人たんぽぽの家
協力:社会福祉法人わたぼうしの会
助成:日本財団 「障害のある人の表現と伝統工芸の発展と仕事づくり」 

展示内容

NEW DANTSU(山形)
CLAY WORKS(常滑・奈良)
和紙という銀河から届く光(鳥取)
春日大社境内の杉(奈良)
たたいて みがいて つくる木の仕事シリーズ(奈良)
Good Job!のはりこ(奈良)
OKAIKOSAN(奈良)
こけしと棒人形(奈良)
竹工芸(京都)
Precious Plastics(京都・奈良)

SFRN(名古屋)、ほか

出展協力

アートスペースからふる、あたつく組合、Good Job!センター香芝、さくらんぼ共生園、さふらん生活園、しょうがい者就労継続支援B型事業所「くらら」、新工芸舎、高野竹工、滝沢工房、徳田銘木、torinoko、中川政七商店、Nakajima woodturning studio、中原商店、奈良市埋蔵文化センター、平城宮跡管理センター、丸安、水野製陶園ラボ、水野製陶園、ワークセンターかじま、わたしの会社、小田大空(Indido Classic)、川﨑富美、五井あすか(空櫁)、酒井義夫(ろくろ舎)、新工芸舎、軸原ヨウスケ(COCHAE)、高橋孝治、武田和恵(ぎゃらりーら・ら・ら)長岡綾子(長岡デザイン)、早坂利成(鳴子系こけし工人)、松本恵里佳、𠮷田勝信(𠮷勝制作所)、渡邊崇(MoonRounds)

ニュートラの学校

会場内(京都伝統産業ミュージアム)にて参加型の体験プログラムや講座を実施します。

■体験プログラム

「ニュートラ対話鑑賞」

日時:12月16日(金)15:00~
ナビゲーター:光島貴之(美術家・鍼灸師)
参加費:500円

「浮造りで磨く木のプレート」

日時:12月17日(土)13:00〜
講師:たむちゃん&まっつん(Good Job!センター香芝)
参加費:500円 *作ったものをお持ち帰りいただく場合は使用した木材の実費をお支払いください

「自分のルーツから模様を考えるー棒人形とこけしのワークショップー」

日時:12月18日(日)10:30〜
講師:軸原ヨウスケ(デザイナー、COCHAE/ドンタク玩具社)
参加費:1,000円(こけしの絵付け) *追加500円で棒人形の絵付けを体験いただけます

「0GYMで身体感覚を捉え直す」

日時:12月21日(水)13:00~
講師:身体0ベース運用法(安藤隆一郎/京都市立芸術大学染織専攻講師)
参加費:500円

「クリスマス茶会」

日時:12月24日(土)11:00〜、13:00〜、15:00〜
監修:森野彰人(京都市立芸術大学教授/陶磁器)
参加費:500円

「体験プログラム」のお申込みはこちらをご覧ください。
(参加費は当日申し受けます)


■講座

12月17日(土)18:00~19:30「福祉と玩具」
講師:講師:軸原ヨウスケ(デザイナー、COCHAE/ドンタク玩具社)

私たちの生活に長く受け継がれ、愛でられてきたもの。軸原さんはそうしたものを発掘し、今に伝えるプロダクトをつくっています。郷土玩具や民藝の周辺にあるものたちと、福祉のものづくりの共通性やこれからのかかわりについて考えます。

12月20日(火)18:00~19:30 「循環・再生と伝統」
講師:本間 智希(建築史家、北山舎代表)、矢津 吉隆(美術家・kumagusuku代表、副産物産店共同代表)

京都北山の文化遺産を保全し、資源循環を目指す北山舎、アーティストのアトリエからでる不要品や廃材を副産物とよび、そこから新たな価値を与える副産物産店。それぞれの活動をすすめる本間さん、矢津さんとともに、ものや地域の循環と未来のものづくりを考えます。

12月21日(水)18:00~19:30 「道具と伝承」
講師:塩瀬隆之(京都大学総合博物館准教授)

伝統のものづくりの課題として、つくり手となる職人の高齢化など担い手として技術を受け継ぐ人の現象があげられることがある。さらに、人だけではなく、社会や自然環境の変化などからものをつくるときに欠かすことができない道具や材料なども失われつつある現状がある。これに対し、道具や材料、それを使う人をどう補い、また新しくとらえなおすことができるのか、考えます。

講座のお申込みはこちらをご覧ください。
(申込制・有料イベントになります)

六条山カフェギャラリー 展覧会情報

ポケット展DM_2022.1.5

「アートスクール Pocket」は、たんぽぽ生活支援センターの放課後等デイサービスプログラムです。毎週火曜日の放課後に、アートセンターHANAで開催しています。今年度は、5名の子どもたちがやりとりを楽しみながら、じっくりゆっくり活動をしてきました。今回の展示では、ここで制作した作品や、普段の活動の様子をたっぷりご紹介します。

前期会期:2022年6月8日(水)~7月2日(土)

後期会期:2022年7月13日(水)~7月30日(土) ※後期会期が7月13日(水)〜に変更されました。

Pocketの活動の様子と作品

Pocket 体験コーナー

Pocketのメンバーが描いたイラストを使って、缶バッチなどを作ってみよう!お気軽にお立ちよりください。(*制作時間 5~10分)

日時:6月25日(土) 11:00~16:00の間 いつでも

 

会期:2022年5月11日(水)~5月21日(土) *終了しました

2021年2月にも開催した「かなで展」。

今年も、「デイホームかなで六条」「デイサービスかなで家」のみなさんの作品をご紹介します。

——————————————

若杦展DM案 改2

会 期:3月30日(水)〜5月7日(土)*日・祝休み
営業日:水曜日〜土曜日 11:00〜17:00
会 場:六条山カフェ[アクセス]
協 力:社会福祉法人青葉仁会

奈良市にある社会福祉法人青葉仁会で活動する若杦大介の展覧会を開催します。若杦は、墨とパステルを用いてカラフルな四角で構成された不思議な抽象絵画を描きます。
一見何を描いたかわからないその絵は、動物や植物、流行りのキャラクターなど具体的なモチーフがモデルとなっています。制作をはじめたころは今と違った画風でしたが、年数を追うごとに徐々に四角が描かれるようになってきました。
また色彩に並々ならぬこだわりがある若杦は、スタッフの丁寧なサポートによって制作活動が支えられ、指定の色のパステルを探すのに奮闘することもしばしばあります。
本展では若杦の表現の変遷を、その背景とともにご紹介します。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

ポケット展DM_2022.1.5

ポケット展DM_2022.1.5

↑pocketの活動の様子と作った作品

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

mirumiru展_A5yoko.ai

mirumiruは障害のある人と新しい仕事づくりを提案するGood Job! センター香芝で月1回行われているオープンアトリエです。障害 のある人が表現活動できる地域の拠点をつくりたいという思いからスタートしました。
自分のペースで参加し、好きに表現できるこの場所では、表現が生まれるのを待つことも楽しむことができる場です。自由に生まれる表現を参加者はもちろん、スタッフ、ボランティアやご家族のみなさんで、それを微笑んで受け入れられる、そんな場所なんです。
mirumiru のみんなの力強かったり、ささやかだったり、クスッと笑っちゃう作品とじっくり向き合える時間を、どうぞ楽しんでいただけたらと思います。 ようこそ、mirumiru展へ!

トークイベント 表現が生まれることを楽しむ

オープンアトリエ mirumiruにサポーターをして関わっているサポーターの皆さんと、参加者や作品の魅力、mirumiruという 空間の魅力を語り合います 。

日 程:1月29日(土)13:00~
登壇者:図師 雅人(オープンアトリエmiruimiru講師)
岡本奈香子(ボランティアアートサポーター)
杉本 真唯(アートサポーター)
前田 剛志(ボランティアアートサポーター

*当日は生配信を予定しています。 Good Job!センター香芝のYouTubeチャンネルからご覧ください。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

kaigonohi_a4_omote

いでちゃん。 個展
「内面世界へのいざない」

会期:2021年12月15日(水)〜12月25日(土) 11:00~17:00
時間:11:00~17:00      *水曜〜土曜営業(祝日休み)
会場:六条山カフェギャラリー [アクセス]

ボクは長い間、見えないけど居る存在を信じて…。
それをテーマに掲げ、絵画を制作してきました。数ある作品。大袈裟ですがその氷山の一角?!を展示する機会に恵まれとても嬉しく思っています。
                                       いでちゃん。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

kaigonohi_a4_omote

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

味波晴巳 個展
「アリのあす。きょう。きのう。」

会期:2021年12月1日(水)〜12月11日(土) 11:00~17:00
時間:11:00~17:00      *水曜〜土曜営業(祝日休み)
会場:六条山カフェギャラリー [アクセス]

小さい頃からアリを見ている。自分をアリに置き換えて、アリを中心にアリから見た世界を表現。「どこにでもいる、どこにでもよってきよる、どこでも会えるアリはどんな絵にも描きこめる」
アリは絵の中では誰も踏まないし、踏まれない、優しい世界が広がっている。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

かなで

六条山プライベート美術館vol.3 報告展「ジュークボックス」

会期:2021年11月4日(木)〜11月27日(土) 11:00~17:00
時間:11:00~17:00      *水曜〜土曜営業(祝日休み)
会場:六条山カフェギャラリー [アクセス]

6pra-houkoku-top

六条山プライベート美術館は、障害のある人の個性豊かなアート作品を日常の中で楽しむプロジェクトです。お見合い展示で六条地域のみなさんに選ばれたたんぽぽの家のアーティストの作品を、六条地域のお店や病院、個人宅など今年は24会場に展示していただきました。この報告展では各会場の作品とともに、その展示風景や感想ノートなどを会場ごとに展示を入れ替えてご紹介してゆきます。ジュークボックスから好きな音楽を選んで楽しむように、たんぽぽの家のアーティストの作品と六条地域の魅力をカフェタイムにゆっくりとじっくりとお楽しみください。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

hayashi-illust

個展「ミントの味はどこまでも
         しあわせの味だ」

会期:9月29日(水)〜10月30日(土)
時間:11:00~17:00      *水曜〜土曜営業(祝日休み)
会場:六条山カフェギャラリー [アクセス]

たんぽぽ生活支援センターを利用している林眞理奈さんの個展「ミントの味はどこまでもしあわせの味だ」が始まります。日々ヘルパーとともに様々な過ごし方をしている眞理奈さん、今回は六条山カフェで展示することになりました!
六条山カフェの展示では、おしゃべりや物語をつくることが好きな眞理奈さんが自宅でヘルパーと過ごす中でうまれた切り絵や4コマ漫画、キャラクターなど、その豊富な言葉と作品の一部を紹介します。
会期中は、展示にちなんだ限定メニューも販売する予定ですので、そちらもぜひお楽しみください!

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

yamasaki0414

展覧会「山﨑康史の世界」

前期会期:8月4日(水)〜8月28日(土)
後期会期:9月1日(水)〜9月25日(土)
時間:11:00~17:00      *水曜〜土曜営業(祝日、8/13・14 休み)
会場:六条山カフェギャラリー [アクセス]

草や毛のような繊細な筆遣いで画面を埋め尽くされる絵画たち。山崎康史は日常の傍らにある風景や想像の世界を、美しいタッチで描きます。本展では展示期間を前期と後期に分け、膨大な時間をかけて描き出された、山崎の世界をご紹介します。

yamasaki-02

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

machikusa-main

会期:2021年6月2日(水)〜7月31日(土) *水曜〜土曜営業(祝日は休み)11:00~17:00
会場:六条山カフェ(アクセス)

「まちくさ博士」ことアーティスト・重本晋平と、たんぽぽの家の障害のあるメンバーとで行なった「まちくさワークショップ」の写真作品を展示します。まちくさを通して、柔軟な発想力やそれぞれの見え方の個性を楽しみましょう。

machikusa-ura

 ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

kanade-top

六条山カフェ 第1回ギャラリー企画展「かなで」

会期:2021年2月3日(水)〜3月27日(土)11:00~17:00  *開館/水〜土
場所:六条山カフェ〔アクセス〕  *六条山カフェって?

高齢者向けデイサービス「コミュニティサポートかなで」でつくられた多彩な作品たちの展覧会です。プロ顔負けの技術で作られた彫刻、楽しげな創意工夫がみられる貼り絵、丁寧におられた折り紙に心温まる俳句たち…。民家を活用した暖かな建物の中で、それぞれが自分の楽しみにを謳歌しています。本展では、そんな「かなで」に流れる豊かなひとときを、作品とともにご紹介いたします。

*「コミュニティサポートかなで」とは →詳細はこちら

6yama_A5_ura_OL

たんぽぽの家がある奈良市六条西で活動する高齢者向けデイサービスです。「居心地のよい、楽しいデイサービス」を目指し、1日の利用者が10名という小規模な特性を活かしながら、利用者一人ひとりに寄り添ったサービスを提供しています。

一般財団法人たんぽぽの家「Art for Well-being プロジェクト」スタッフ募集

一般財団法人たんぽぽの家(以下、当財団)は、障害のある人の表現や仕事、創造性がうまれる環境など、これからの社会に必要な考え方や方法を提案するチームです。

「たんぽぽの家アートセンターHANA」や「Good Job! センター香芝」といった、障害のある人が創造的に活動する現場と連携し、クリエイター、デザイナー、編集チーム、研究者や実践者と協働しながら、それまで出会うことのなかった人や活動をつなげることで事業をすすめています。

当財団では、下記の事業においてプロジェクトスタッフ(アルバイト)を募集します。チームの一員として、積極的に事業に関わり、一緒にプロジェクトを推進してくださる方のご応募をお待ちしています。

事業内容

募集要項

応募方法

事業内容

プロジェクト名:
Art for Well-being 心身機能の変化に向きあう文化芸術活動の継続支援と社会連携
文化庁委託事業「令和4年度障害者等による文化芸術活動推進事業」

事業目的:

病気や事故、加齢や障害の重度化など、心身がどのような状態になったとしても、文化芸術活動を続けたい人が続けることができるように、テクノロジーを活用することの敷居を下げ、創作を楽しむことや新しい表現に挑戦することを継続できる社会をつくる。

事業詳細:

  1. [1]現代技術とアートの状況、障害のある人が技術を活用した創作・表現の事例調査
  2. [2]障害のある人とアーティストやエンジニアなど技術力のある人とともにAIやIoTなどテクノロジーを活用した作品をつくる(先進事例づくり)
  3. [3]テクノロジーの敷居を下げるための勉強会や体験会、先進事例を社会に広く発信するためのフォーラムや展覧会の実施

参考URL:
https://note.com/goodjobproject/m/m700230dba906

本プロジェクトのアドバイザー:
小林茂(情報科学芸術大学院大学 [IAMAS] 教授)

本プロジェクトの協力者:
徳井直生(株式会社 Qosmo 代表取締役)
緒方壽人(デザインエンジニア、Takramディレクター) 

※2022年11月時点

業務内容:

  • 調査、ワークショップ、セミナーの企画立案、実施(進行管理)、記録、まとめ
  • セミナー、展覧会等のイベント運営(会場/機材の設営、進行管理、情報編集など)
  • 書類作成(会議録からイベント記録など)、報告書作成、翻訳作業
  • 連絡調整(協力団体への連絡や会議日程調整など)
  • 広報(SNSへの投稿、ホームページの更新、広報物の制作、郵便物の発送作業など)
  • ほか、たんぽぽの家の事業にかかわる作業

募集要項

応募対象:
特に以下の分野に関心・経験のある人を歓迎します。

・福祉の現場であたらしい技術をつかった表現や支援に関心のある人
・テクノロジーと社会の新しい関係を模索したい人
・オンライン配信する際の会場/機材の設営、進行管理の経験のある人
・ワード、エクセルなど、事務業務の基本操作ができる人
・インターネットでの情報収集、発信にたけている人

募集人数
若干名

活動場所:
・一般財団法人たんぽぽの家(奈良市六条西3-25-4)
・Good Job! センター香芝(奈良県香芝市下田西2-8-1)
・プロジェクト開催地(日本国内全国)

待遇:
時間給1,000円~ (交通費実費支給)  ※経験を考慮のうえ決定します

活動形態:
週2〜3日、1日8時間 応相談
*業務内容によっては一部、在宅での勤務も可能です。

契約期間
~2023年3月末まで

申込み締切
2022年11月30日(水) ※ただし、適任者が見つかり次第、締め切ります。

応募方法

以下の2点をご準備いただき、メールまたは郵送にてご応募ください。

  1. ①履歴書(写真付)
  2. ②志望動機(自由記述)

また、過去の活動の資料などがあれば参考までに添付してください。いただいた資料は返却いたしません。(※応募書類は本募集目的以外には利用しません。)

「メールが迷惑フォルダに入っている」「郵送物が届かない」という可能性もあるため、ご応募いただきましたら、念のため電話またはFAXにてご連絡ください。

応募先・お問い合わせ

一般財団法人たんぽぽの家 (担当:中島、岡部)

〒630-8044 奈良市六条西3-25-4
Tel. 0742-43-7055 Fax. 0742-49-5501
E-mail ableart@popo.or.jp
URL http://tanpoponoye.org

みん芸ピアノ @奈良・五條

障がいのある人の絵画作品を「みん芸ピアノ」のラッピングデザインとして使用しています!「みん芸ピアノ」は奈良県内の複数場所を巡回し、11月には東大寺でも設置が予定されています。ピアノは誰でも演奏することができます。ぜひ会場でステキな音色を奏でてください! (写真は昨年の様子)

*本イベントは新型コロナ感染拡大防止のため、予告なしに設置場所を変更し、利用を停止する場合があります。

展示会場

※展示会場の最新情報は、みん芸公式サイトたんぽぽの家HPでご確認ください。

○奈良公園バスターミナル 東棟1F展示室1 (終了しました)

日時:2022年9月1日(木)〜30日(金) 7:30〜20:00

♪みん芸ピアノ演奏会

日程:9/1(木)、2(金)、7(水)、11(日)、12(月)、16(金)、20(火)、22(木)、26(月)、30(金) 各回12:15〜 約30分間、奈良女子大学のピアノサークル「piano-forte」のみなさんによる演奏会が行われる予定です。お楽しみに!

「piano-forte」の紹介 / 初めまして!奈良女子大学のピアノサークル「piano-forte」です。ピアノを弾くのが大好きなメンバーが日々練習をしています。普段はクラシック曲のソロ演奏が多いのですが、今回は連弾やポップスの演奏に挑戦します。みなさんに楽しんでいただけるよう頑張ります♪

♪みん芸ピアノ巡回スケジュール

・奈良公園 バスターミナル 展示室Ⅰ *終了しました
 奈良県奈良市登大路町76
 日時:2022年9月1日(木)~30日(金) 7:30~20:00

・平城宮跡歴史公園 天平つどい館 *終了しました
 奈良県奈良市二条大路南4-6-1
 日時:10月1日(土)~23日(日) 9:30~18:00

・道の駅大和路へぐり *終了しました
 奈良県生駒郡平群町大字平等寺75-1
 日時:10月25日(火)~11月3日(木・祝) 9:00~18:00

・東大寺大仏殿 東楽門横 *終了しました
 奈良県奈良市雑司町406-1
 日時:2022年11月5日(土)~13日(日) 8:00~17:00

・五條市役所 にぎわい棟内
 奈良県五條市岡口1丁目3-1
 日時:2022年11月14日(月)~11月30日(水) 10:00~16:00

○東大寺大仏殿 東楽門横 (終了しました)

日時:2022年11月5日(土)〜13日(日) 8:00〜17:00

○五條市役所 にぎわい棟内(アクセス)

日時:2022年11月14日(月)〜30日(日) 10:00〜16:00

今年はこの作品がピアノになります!

作者名:坂梨妙華さん(熊本県) タイトル:「トケイソウに小さい虫」

作品のポイント:「近所にさいていたトケイソウを写真にとり、布で貼り絵にしました。花の中央に小さい虫がいました」

*今回、ピアノラッピングに使用している作品は、東大寺大仏殿前で大きな幡(ばん/旗)に仕立てて展示する「ビッグ幡in東大寺」の応募作品の中から選ばれました。

ピアノ演奏における注意事項

・熱が37.5℃以上ある方、体調の悪い方のご利用はご遠慮ください。

・必ずマスクを着用してください。

・みなさんで譲り合って、やさしくお弾きください。

・歌やほかの楽器との合奏、連弾、弾き語りなどでは、盛り上がりすぎにご注意ください。

・演奏前にアルコールで手指を消毒し、手指がしっかり乾いてから演奏してください。

・ピアノ演奏者や鑑賞される方同士が、十分な距離(2m程度)を保つようにしてください。

・演奏者の活動告知(ライブのチラシ配りなど)や営利活動(投げ銭、チケット販売など)は行わないでください。

関連イベント

*プライベート美術館

会場:近鉄奈良駅周辺店舗ほか県内各地 会期:2022年10月22日(土)〜11月6日(日)

*ビッグ幡in東大寺 ・大仏殿内は入堂料が必要です

会場:東大寺大仏殿前 会期:2022年11月5日(土)〜13日(日)8:00~17:00

*ビッグ幡in東大寺 原画展 ・入場無料(東大寺ミュージアム入口からは入場できません)

会場:東大寺総合文化センター小ホール 会期:2022年11月5日(土)〜13日(日)9:30~17:00

*バーチャル美術館ビッグ幡in東大寺作品展ー ・インターネット上でご覧ください。

会期:2022年11月1日(火)〜30日(水)

・各イベント情報は、みん芸公式サイトたんぽぽの家HPでご確認ください。

たんぽぽの家 展覧会・出展情報(11月19日・更新)

info-exhibition

創造する文字展

会期:2022年12月1日(木)~12月21日(水)

会場:京都府立図書館1F、B1F(アクセス)

3331 ART FAIR 2022

会 期:2022年10月29日(土)・10月30日(日)

時 間:[一般入場]10月29日(土) 12:00-20:00 /10月30日(日)12:00-18:30
[プレビュー]10月28日(金)15:00-20:00 (ご招待者様のみ)
*入場受付は開場30分前より/最終入場は閉場30分前まで
■会 場:3331 Arts Chiyoda(101-0021 東京都千代田区外神田6-11-14)
■料 金:一般 2,500 円 / シニア(65歳以上)2,000 円 / 学生(大学生・専門学生) 1,000円/前売り(一般のみ)2,000円

【同時開催】「Hand in hand-つながる-」10人のグループ展

距離を超えてつながった大切な仲間たちと、
作品を今見てくれているあなたと、
そして、この先の未来へと、社会へと、
たくさんの出会いに感謝を込めて。
「Hand in hand」
これからも、私たちは、たくさんの場につながっていきます。

▼A/A gallery
10月29日(土) 12:00-20:00,30日(日) 12:00-18:30
11月1日(火),3日(木),4日(金),6日(日),8日(火),10日(木),13日(日),15日(火),17日(木),19日(土),22日(火),23日(水祝),24日(木),27日(日),29日(火) 平日11:00-19:00/土日祝11:00-17:00
※入場無料

ゆかい たにこのみ+中村真由美+はまぐちさくらこ 3人展

会期:11月5日(土)-11月21日(月)

場所:iTohen(アクセス)

秋、みのりのマルシェ

会期:2022年10月8日(土)、9日(日)

場所:奈良県立図書情報館 正面入口前広場

https://www.library.pref.nara.jp/event/3950

山野将志展 @ 犬島 Hoppy バー

会期:2022 年 10 月 1 日(土)- 11 月 6 日(日) 11:00 – 16:00 金〜日曜日営業

場所:犬島 ホッピーバー

*時間変更のお知らせ*

10月22日(土)の公開制作&缶バッチWS は11:00ではなく、11:45ごろ〜スタートに変更となりました。

長田恵・前田考美 作品展示「あきうらら」

会期:2022年9月17日(土)〜2022年10月27日(木)
会場:gallery&selectshop ENISHI 縁(アクセス)

たんぽぽの家アートセンターHANA所属作家・長田恵と前田考美の展示「あきうらら」が大阪のギャラリー縁で開催されています。会期中、オンラインショップでも作品やアートグッズの紹介や販売がされています。

(終了しました) 関係するアート展

ー 心が震えるほど 愛おしいと 感じたことは ありますか ー

会期:2022年7月26日(火)~8月28日(日)

会場:佐賀県立博物館 3号展示室(アクセス)

「第15回 H2Oサンタ NPOフェスティバル」は、こども支援をテーマに活動する社会貢献団体のご紹介をする『NPO展示会』と、同時開催のこどもカレッジ連動企画『アート&クラフトの無限の可能性(主催:阪急うめだ本店)』出展

アートセンターHANA・Good Job!センター香芝が出展しグッズ販売・ワークショップ・作品展示を行います。
【会期】『アート&クラフトの無限の可能性』2022年7月27日(水)~8月8日(月))※7月26日(火)と最終日は午後6時終了

【会場】阪急百貨店うめだ本店 9階 祝祭広場

【サイト】https://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/kodomocollege_santa/index.html

 

 

小松和子 個展「Esprit – エスプリ- 」

たんぽぽの家アートセンターHANA所属作家・小松和子 の個展「Esprit – エスプリ- 」が大阪のギャラリー縁(えにし)さんで開催されます。

会期:2022年6月18日(土)~2022年7月28日(木)
会場:gallery&selectshop ENISHI 縁(アクセス)

 

 

realSOU8-9

会期:6月24日〜6月28日  会場:Socio-1(ソシオ-1)特設会場(阪急茨木市駅すぐ)

ART WALK 堂島/中之島

「art stage OSAKA 2022」と同時開催される「ART WALK 堂島/中之島」の関電ビルディング会場にて、山村晃弘さんの「かんでんコラボ・アート」2019年度最優秀賞作品「InspirationシリーズPaint.41」が展示されています。

「art stage OSAKA 2022」と同時開催される「ART WALK 堂島/中之島」は、アートの街として注目を集め、今後ますますの発展が期待される堂島・中之島エリアにゆかりのある美術館、団体、メディア、店舗、協賛企業様等のご参加により、各スポットにてこの期間だけの特別な展示やイベント、特典の提供などが行われる、エリア回遊型アートフェスです。この度、同フェスの参加スポット、及び主な特別展示等を発表させていただきます。堂島・中之島エリアのアートな街巡りを、是非お楽しみください。

関西電力と共済会記念文化財団が主催する「かんでんコラボ・アート」は、20年以上の歴史を持つ障がい者アートの公募展。今回は、ART WALK堂島/中之島開催にあわせて、至近年の受賞作品を展示する特別展を実施。個性豊かな作品たちが、関電ビルディングを彩る。


日程:6/1(水)~6/7(火) 入場料無料
(平日10:00~18:00/土日10:00~17:00 ※最終日は17:30まで)
開催場所:関電ビルディング2Fロビー
※内容、期間等変更の場合があります。詳細はART WALK堂島/中之島WEBサイトをご確認ください。

https://artstageosaka.com/awdn/

——————————

 

 

SCENERY  山野 将志 個展    *終了しました

たんぽぽの家アートセンターHANA所属作家 山野将志 の個展が大阪のギャラリー縁さんで開催されます。会期中、オンラインショップでも作品やアートグッズの紹介や販売がされています。

会期:2022年4月16日(土)〜2022年5月26日(木)
会場:gallery&selectshop ENISHI 縁(アクセス)

 

——————————

 

まどろむ線の記憶 澤井玲衣子 個展    *終了しました

会期:2022年5月11日(水)~17日(火) *最終日は16時閉場

会場:松坂屋上野店 本館7F アートスペース

——————————

〇ちんゆいそだてぐさ アートセンターHANAが出店します! *終了しました

日本の続く伝統の技と、現代工芸のセンス。日本に息づく工藝の今を発信します。
第10回を迎える“ちんゆいそだてぐさ”は金魚(ちんゆい)の街、大和郡山で、新たな作家を育てたいという思いからスタートしました。(主催者リード文より)

会期:2022年5月21日(土)10:00-17:00、22日(日)10:00-16:00 *入場無料、雨天決行
会場:郡山城址 追手門櫓 城址会館 追手門向櫓

——————————

◯オープンキッチン展覧会 

オープンキッチンの展覧会を今年も開催致します!今年は、京都市南区のBooks ×Coffee Sol.さんで開催致します。 お越しの際はオープンの時間が曜日によって異なりますので、必ずご確認ください。

会期:2022年3月22日(火)〜29日(火) 会場:Books×Coffee Sol. F2ノランナラン
   平日17:00~20:00(金24:00)
   土曜日12:00~24:00 日曜日12:00~24:00  *24日(木)、28日(月)は休館

◯フェローアートギャラリー vol.45 武田佳子展

武田佳子さんの作品が横浜あざみ野にてご覧いただけます。 おなじみの墨、顔彩を使ったシリーズから、大好きな猫を油絵で描いたシリーズが展示予定です。

会期:2022年1月26日(水)〜2022年4月24日(日)9:00~21:00
  ※2022年2/28(月)、3/28(月)休館 
会場:横浜市民ギャラリーあざみ野 2階ラウンジ(無料スペース) (アクセス)

◯滋賀県立美術館 企画展 「人間の才能 生み出すことと生きること」

会期:2022年1月22日(土)〜3月27日(日)
   *休館日毎週月曜日。ただし月曜日が祝日の場合は開館し、翌日火曜日が休館。(3月21日(月)は開館し、3月22日(火)は休館。)
開館時間:9:30-17:00(入館は16:30まで)
会場:滋賀県立美術館 展示室3
観覧料:一般 1,300円(1,100円)
    高・大生 900円(700円)
    小・中生 700円(500円)
    ※( )内は20名以上の団体料金 ※身体障害者手帳等をお持ちの方は無料

出品作家:井村ももか、鵜飼結一朗、岡﨑莉望、小笹逸男、上土橋勇樹、喜舍場盛也、古久保憲満、小松和子、澤井玲衣子、澤田真一、アルトゥル・ジミェフスキ、冨山健二、中原浩大、福村惣太夫、藤岡祐機、山崎孝、吉川敏明

〇 iTohen新春企画『寅』展   

総勢50名ほどの方にお声掛けをして、今年の干支である『寅』をテーマに作品をご提供頂いた展示が始まりました。この機会にぜひ会場まで足をお運びください。(iTohenのHPより抜粋)

会期:2022年1月8日(土)〜1月24日(月)*期間中の土・日・月
   11:00〜18:00 最終日1月24日(月)は17:00まで
   *ご入店の際には1ドリンクのご注文をいただいております。
会場:iTohen(アクセス・大阪市北区本庄西2丁目14-18 富士ビル1F)

作家:十亀史子、XL(NPO法人スウィング所属)、渡辺あふる(NPO法人スウィング所属)、岡部太郎、鈴村のどか ほか

〇騒ぐイマジネーション 障がいのある作家展2022

会期:2022年1月12日(水)~18日(火)10:00-18:30(最終日は15時平常)
場所:めいてつ・エムザ(金沢市)5階美術サロン (アクセス)
作家:中村真由美・澤井玲衣子・山野将志・長田恵・山村晃弘・小松和子(以上6名たんぽぽの家アートセンターHANA作家)・猪飼智也・小林あゆみ・本間はるか・倉持智行・福間祐未・浜ノ園武生・ねこじゃらし・持田想一・大谷都民版幻坊・市川浩志・NHJ・藤橋貴之

小さなNoel 展 

池袋にある段々色ギャラリーにて、クリスマスをテーマに小作品が集います。前田さんは新作の植物を中心に展示。墨と水彩によって制作されたほっとあたたかくなる作品たちです。

会期:2021年12月12日(日)〜12月25日(土)13:00~19:00 *水・木休み 
会場:段々色ギャラリー/池袋(アクセス)

https://www.dandan-iro.com/

Inspiration 山村晃弘 個展 *詳細はこちら

たんぽぽの家アートセンターHANA所属作家 山村晃弘 の作品を大阪のギャラリー縁さんでご覧いただけます。webショップでも、展示中の山村さんの作品をご覧いただけます。Good Job!センター香芝で製造されている寅のはりこもありますよ。

会期:2021年12月4日(土)〜2022年1月13日(木)
会場:gallery&selectshop ENISHI 縁(アクセス)

フェローアートギャラリー vol.44 小松和子展  *詳細はこちら

会期:2021年10月27日(水)〜2022年1月23日(日)9:00~21:00
  ※11月22日(月)、12月27日(月)、12月29日(水)~1月3日(月)休館
会場:横浜市民ギャラリーあざみ野 2階ラウンジ(無料スペース)  (アクセス)

小松和子さんの作品が横浜あざみ野にてご覧いただけます。 壁材を使ったり、丁寧に色を選び制作されたインテリアをモチーフにしたシリーズ、小パネルをつなぎ合わせ大きな画面を再構成した作品などが展示されます。

◎同時開催 Extension 小松和子展

こちらでは、小松の原画のシルクスクリーンを使った作品がお楽しみいただけます。
会期:11月6日(土)〜2022年1月24日(月)10:00〜20:00
  ※11/17(水)、12/15(水)、12/28(火)〜1/4(火)、1/19(水)休館
会場:青葉区民文化センター フィリアホール 通路(無料スペース)

関係するアート展~心が震えるほど感動したことはありますか~ *詳細はこちら

会期:2021年12月4日(土)~2022年1月23日(日)
場所:佐賀県立博物館(アクセス)
たんぽぽの家からの出展作家:十亀史子、山野将志

佐賀県では、障がいの有無にかかわらず文化芸術を楽しむことができる社会の実現を目指しています。本展覧会では、障がいのある県内外の作家によるユニークで突き抜けた作品(絵画、立体、デザインなど)80点以上を展示します。

日々是好日 前田 考美 個展   *詳細はこちら

会期:2021年10月23日(土)~11月25日(木)
場所:gallery&selectshop ENISHI 縁(アクセス)

アートセンターHANA所属作家 前田考美 の作品を、大阪のギャラリー縁さんでご覧いただけます。webショップにて、展示中の前田さんの作品をご覧いただけます。
今回は、墨と透明水彩で表現した、植物や食べ物、風景の作品が中心ですよ〜

まちなかアートキャラバン「みん芸ストリートピアノ」

みん芸(「奈良県みんなで楽しむ大芸術祭」)にて、山野将志さんの作品をラッピングしたピアノが、奈良県内各地に登場します。

期間:2021/10/9(土)〜11/30(火)
場所:県内を巡回しています!最新情報は随時更新→詳しくはこちら

第8回SOU-JR総持寺駅アートプロジェクト  (詳細はこちら)
筆と詩 Brush and  Poetry

澤井玲衣子さんの「piano note No.2」が、JR総持寺駅構内自由通路壁面(高さ2.6m)にて大型プリントにして展示されています。生活の中でアートと出会うことができますよ。ぜひふらっとお越しください。

期間:2021/9/21(火)〜2022/3
場所:JR総持寺駅構内自由通路(〒567-0806 大阪府茨木市庄1-28-55)
   ・JR東海道本線(京都線)「JR総持寺駅」下車
   ・阪急電車京都線「総持寺駅」下車、徒歩約11分
   ・近鉄バス 73・74番「JR総持寺駅停留所」下車
   ・国道171号線西河原交差点、南へ約600m

この時代をアートで元気に 街とふれあいSabae彩りアート展覧会  

前田考美さん、山村晃弘さんの出展です。

会期:2021/10/1(金)〜14(木)11:00〜20:00、15(金)11:00〜17:00
会場: 福井県鯖江商工会議所(アクセス)

HANA  松坂屋上野店本館7階美術イベントスペース  

青木優さん、木村昭江さん、十亀史子さん、前田考美さん、山野将志さん、山村晃弘さん HANAの6名の作家の作品を展示販売します。初めてご覧いただける作品もございます!お近くの方、よろしければ見にいらしてください!

会期:2021年8月1日(水)〜8月17日(火)10:00〜201:00  最終日は17時まで
会場:  松坂屋上野店本館7階 (アクセス)

やわらかくなってみる  *詳細はこちら

アートセンターHANAから、中村真由美さんの作品が登場します!

会期:2021年7月31日(土)〜10月24日(日)10:00〜18:00  火曜休館
会場:はじまりの美術館 (福島県耶麻郡猪苗代町新町4873)

おもしろいもの 山村晃弘 個展 

段々色ギャラリーさんにて、山村晃弘さんの個展が開催されます!
身の回りの「おもしろいもの」として描き出す山村さん。
モチーフノートには、食べ物からキャラクター、いろんな図形が描き込まれています。
ひとつぶずつの形や色をおたのしみください〜

会期:2021年7月5日(月)〜7月27日(火)13:00〜19:00 休廊:水・木
会場:段々色ギャラリー 171-0014 東京都豊島区池袋2-70-11 豊永ビル1B Tel:03-6709-2455 
アクセス:池袋駅 西口出口・徒歩9分 C6出口・徒歩6分

~Impression~ 澤井 玲衣子 SOLO EXHIBITION 

会期:2021年6月19日(土)~7月29日(木)
場所:gallery&selectshop ENISHI (アクセス)
作家:澤井玲衣子 大阪のギャラリー縁さんで、澤井さんの個展があります。 webショップにて、展示中の澤井さんの作品をご覧いただけます

青木優 個展「-FRESH!-」 *詳細はこちら

会期:2021年4月17日(土)~5月20日(木)
場所:gallery&selectshop ENISHI 縁(アクセス)
作家:青木優
2020年にエイブルアートカンパニーアーティストへ登録された青木さんの個展です。 縁のwebショップにて、展示中の青木さんの作品をご覧いただけます。

前田考美 個展「雪月風花」 *詳細はこちら

会期:2021年2月13日(土)~3月25日(木)
場所:gallery&selectshop ENISHI (アクセス)
作家:前田考美
縁のwebショップにて、展示中の前田さんの作品をご覧いただけます。

いきいきと解き放つ命の輝き *詳細はこちら

会期:2021年2月11日(木・祝)〜28日(日) 9:30〜17:00 月曜休館
場所:徳島県立近代美術館(アクセス)
*入場無料
たんぽぽの家アートセンターHANAのほか、アトリエコーナス、片山工房の作品が会場に登場します!

the Gifted 多様性との邂逅  

●バーチャル展覧会  

会期:2020/8/1(土)〜2.28(日)24時間オープン
十亀史子 山野将志

お手持ちのスマートフォンやパソコン上にて自由に操作し、作品をご覧いただけます。

●toberu1号館での作品展示映像 

会期:2020/12/27(日)〜2021/3/31(水)

*youtubeでの公開のみ

youtube(https://www.youtube.com/watch?v=fBgycoeACuU)にて、

京都市内のtoberu1号館での展示の様子を映像でご覧いただけます。

出展作家:十亀史子 山野将志


●HP  https://www.the-gifted.net
こちらのサイトではzoomの背景などもゲットできたり、オリジナルグッズをご購入いただけます。

「騒ぐイマジネーション 障がいのある作家展2021」 *終了しました

会期:2021年1月13日(水)~19日(火)
場所:めいてつ・エムザ(金沢市)5階美術サロン
作家:福間祐未・持田想一・市川浩志・浜ノ園武生・藤橋貴之・山野将志・中村真由美
山村晃弘・倉持智行・玉川宗則・小林あゆみ・NHJ・Kokoro・猪飼智也・Seiken
土岐健太・佐々木つくみ・本間はるか

HANA  Art&Craft COLLECTION   *終了しました

会期:2020年12月5日(土)〜2021年1月17日(日) 11:00~20:00 火曜定休 *12/31~1/3は休み
場所:ギャラリー縁(アクセス)
出展作家:石原亜夕子、武田佳子
HANAのテキスタイルスタジオから生まれた商品も合わせてご用意しています。

障がい者アート展 「感性のコラージュ」 *終了しました

会期:会期:2020年8月27日(木)〜9月2日(水)※最終日は午後4時閉場
場所:京王新宿店 6階京王ギャラリー
出展作家:青木優、上野和子、木村昭江、澤井玲衣子、十亀史子、武田佳子、西ノ園有紀、前田考美、山野将志

TELESCOPE      *終了しました

会期:2020年8月27日(木)〜9月28日(月) 11:00~20:00 火曜定休
場所:ギャラリー縁(アクセス)
出展:荒井陸、長田恵、田井克典、富丸風香

個展・「山村晃弘」「中村真由美」  *終了しました

*場所:松坂屋上野店本館7F 上野が、すき。ギャラリー (アクセス)

「山村晃弘」個展   会期:2020年8月19日(水)〜25日(火) *終了しました

「中村真由美」個展  会期:2020年8月26日(水)〜9月1日(火) *終了しました

*いずれも最終日は17時閉場。また、営業時間、イベントの内容は予告なく変更することがあります。最新の情報は松坂屋上野店ホームページをご覧ください。

「あるがままのアート ー人知れず表現し続ける者たちー」  *終了しました

会期:2020年7月23日(木・祝)〜9月6日(日)10:00~17:00 月曜休館(8/10は開館、8/11は休館)
場所:東京藝術大学大学美術館(アクセス)
出展:澤井玲衣子

*スペシャルコンテンツ→こちら
遠隔でもお楽しみいただけるよう、スペシャルサイト内では「ロボ鑑賞(要予約)」や「バーチャル展覧会MAP」などさまざまなコンテンツが用意されています。

「ふでとゆらめく」  *終了しました

会期:2020年7月23日(木・祝)〜8月24日(月)11:00~20:00 火曜定休
場所:ギャラリー縁(アクセス)
出展:上野和子、本田律子、前田考美

播磨靖夫が文化功労者に選出いただきました

一般財団法人たんぽぽの家・社会福祉法人わたぼうしの会の理事長の播磨靖夫が2022年度の文化功労者に選出いただきました。これまで、たんぽぽの家の活動にご支援・ご協力をいただきましたすべてのみなさまにお礼申し上げます。

[終了しました]11/23(水・祝)鹿の劇場2022

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

知らないものに出会ったとき、これから何が起こるのか心が高鳴る。ぐっと身をかたくして緊張する。期待と不安、ワクワクとどきどき。今回上演するのは音楽×ダンスと、演劇です。それぞれが異なる表現や身体に出会いに、ぜひお越しください。

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

2022年11月23日(水・祝) 13:30開場 14:00開演 (16時終演予定 終演後アフタートークあり)

出演:Wa No Wa(音楽)×森田かずよ(ダンス)、HANA PLAY(演劇)

会場:奈良市ならまちセンター(〒630-8362 奈良県奈良市東寺林町38)

定員:100名(申込先着順)

料金:一般2,000円(当日2,500円)、中高生1,000円(当日:1,500円)

*介助者1名まで・小学生以下無料  

*会場で文字字幕による情報保障を予定しています

*会場での検温・手指消毒およびマスクの着用にご協力ください。発熱や風邪症状のある方はご来場をお控えください。

出演:Wa No Wa(音楽)×森田かずよ(ダンス)、HANA PLAY(演劇)

主催:一般財団法人たんぽぽの家 

令和4年度 障害者芸術文化活動普及支援事業(厚生労働省)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

[プログラム]  

*途中休憩が2回あります。

14:00~

音楽とダンス|Wa No Wa×森田かずよ

トーンチャイムやベルを使ったアンビエントミュージックの活動で注目を集めるWa No Waとダンサーの森田かずよさんによる初めてのコラボレーション。森田さんは2012年、ならまちセンターでソロ作品「アルクアシタ」を発表し、義足をはずすシーンも含めた公演はその後も反響を呼びました。今回の公演のために集まったWa No Waのメンバーと森田さんが出会い、音や身体で、やりとりを重ねた世界を一緒に体験しましょう。[上演時間 約40分]

  ― 休憩(約15分)―

14:55~

演劇|HANA PLAY

普段から仕事仲間でもあるHANA PLAYの俳優たち。なかには40年以上の付き合いになる人も。演劇創作は、メンバーの日常や思い出話を出発点に、物語を編んでいくところからはじまります。はじめてひとり暮らしをしたときのエピソードを題材にした作品「贅沢な時間」から打って変わって今回のテーマは、源氏物語。古典の世界をどう遊ぶのか、お楽しみください。[上演時間 約60分]

  ― 休憩(約20分)―

トーク|熊倉敬聡(芸術文化観光専門職大学教授)、金森 香(プロデューサー、THEATRE for ALLディレクター)

音楽や演劇、ダンスといったパフォーミングアーツはごく一部の人が取り組む特別なもの?

障害のある人とのパフォーミングアーツの魅力や価値について、長年コンテンポラリーアートやダンスの批評を行なってきたゲストと共に考えます。

出演・登壇者プロフィール

Wa No Wa 

奈良県山添村にある障がい者支援施設「大和高原太陽の家」のメンバーを中心に活動する【あるがまま】をコンセプトにした即興セッションユニット。ライブでは太陽の家のメンバーと、その場その時に在る人達がメンバーであり、チャイムやベル、自然素材で制作した楽器、民族打楽器、などを使いその瞬間だけの音世界を創り出す。2022年3月に即興アンビエント作品【Wa No Wa】を国内外に向けてリリースした。

森田かずよ

先天性の障害を持って生まれ、18歳より表現の世界へ。自らの身体の可能性を日々楽しく考えながら、ダンサー、俳優として活動。「Performance For All People. CONVEY」主宰。ヨコハマパラトリエンナーレ、国民文化祭、庭劇団ペニノ、アジア太平洋障害者芸術祭など国内外の多数の公演に出演し、メディア出演も多数。東京2020パラリンピック開会式出演。神戸大学人間発達環境学研究科博士前期課程修了。

HANA PLAY 

『たんぽぽの家アートセンターHANAで週1回行っている演劇プログラム。2020年に大阪市の應典院本堂(コモンズフェスタ2019)にて、『僕がうまれた日』を上演。この作品は、現在(株)プリコグが運営しているバリアフリー配信サイトTheatre For Allにて配信中。2021年には近畿大学舞台芸術専攻生と創作した『贅沢な時間』を上演した。

熊倉敬聡

芸術文化観光専門職大学教授。フランス文学 ・思想を研究後、現代アートやダンスに関する研究・批評・実践等を行う。大学を地域・社会へと開く新しい学び場「三田の家」、社会変革の“道場”ことImpact Hub Kyotoの 立ち上げ・運営に携わる。主な著作に『GEIDO論』、『藝術2.0』、『瞑想とギフトエコノミー』、『美学特殊C』、『脱芸術/脱資本主義論』。

金森 香

THEATRE for ALL ディレクター、(株)precog 役員、(一社)DRIFTERS INTERNATIONAL 代表。リトルモアを経て、2001年ファッションブランド「シアタープロダクツ」を設立し、2017年まで取締役。2010年NPO法人DRIFTERS INTERNATIONALを設立し、芸術祭の企画運営・ファッションショー・出版企画などをプロデュースする。2019年日本財団主催「True Colors Festival – 超ダイバーシティ芸術祭 – 」のディレクターを担当。2020年にprecogに参画し、アクセシビリティや広報・PR、ブランディング事業等を担当。

********

鹿の劇場について 

2012年奈良県障害者芸術祭HAPPY SPOT NARAのプログラムとして企画がスタート。5年にわたり国内外のさまざまな舞台芸術を奈良で紹介してきました。その後、たんぽぽの家では障害者芸術文化活動普及支援事業(厚生労働省)の取り組みの中で、コロナ禍でのパフォーミングアーツの活動、鑑賞支援を目指し、関西の障害のある人たちの舞台芸術の紹介をオンラインで実施しています。今年はひさしぶりに「鹿の劇場」を冠した対面での舞台開催となります。

[パフォーミングアーツの広場]https://performingartsnohiroba.tanpoponoye.org/

********

観覧申込方法

いずれかの方法でお申し込ください。また、車いすでのご来場や入場に際し係員によるお手伝いが必要な方はお申込時に備考欄にご記入ください。

(1)チケット販売サイト Peatix から購入する

クレジットカードやコンビニ決済で代金を支払うことができます。

https://shikageki2022.peatix.com/

(2)WEBフォームから申し込む

下記URLにアクセスし、必要事項をご入力のうえ、料金をご入金ください。

https://forms.gle/UgvHLGXbq2pHhyEK8

(3)メールまたはFAXから申込む

チラシの申込欄にご記入いただき、メールまたはFAXでお申込のうえ、料金をご入金ください。

[振込先](2)(3)の方法でお申し込みの場合

銀行振込み

南都銀行 西ノ京支店(普通)2078235

または、ゆうちょ銀行 一〇九(イチゼロキュウ)店(当座)0007812

名義:一般財団法人たんぽぽの家

郵便払込み:

 01080−6−7812 加入者名:一般財団法人たんぽぽの家

*通信欄に「鹿の劇場チケット代」とお書き添えください。

■おことわり

・新型コロナウィルス感染拡大の状況等やむを得ない事情により、公演内容を変更させていただく場合があります。最新情報はたんぽぽの家のウェブサイト、facebookをご覧ください。

・ご入金いただいたチケット代は、原則としてご返金いたしかねますのであらかじめご了承ください。

■アクセス

奈良市ならまちセンター 市民ホール(奈良県奈良市東寺林町38番地)

徒歩:JR奈良線奈良駅東口から徒歩15分、近鉄奈良線奈良駅から徒歩12分

車:近隣の駐車場をご利用ください

[お問い合わせ・お申込み先] 

〒630-8044 奈良市六条西3-25-4 一般財団法人たんぽぽの家

Tel: 0742-43-7055  Fax: 0742-49-5501

Email: artsoudan@popo.or.jp

*公演当日11/23(水・祝)のみ、お問い合わせは080-7304-3007までご連絡ください。メールでご連絡いただくと確認ができない場合がございます。

[終了しました]エイブル・アートSDGs プロジェクト2022

リ・プレイつくりなおし、あそびなおし

わたしたちはいま、ものをつくったり、つかったりすることをあらためて考えなおす社会に生きています。ゼロからものをつくるのではなく、廃棄されるものに価値を見出し、そこから新たにものをつくるなど、各地でユニークな活動や表現が生まれています。さまざまな制約を楽しみながら創造的につくること。それは「あそび」の感覚に近いのではないでしょうか。また、これまでとは違うつかいかたをすることは、ものを愛おしむこと、豊かに生きることを考えるきっかけになります。福祉のものづくりやアートの現場でおきている持続可能なものづくりから学びながら、新しい組み合わせやこれまでにない視点で、ふたたびつかうこと、ふたたびあそぶことを考えたいと思います。

11/4(金)特設webページオープン!! https://ableartsdgs.tanpoponoye.org/

11/11(金)「副産物産展」オンラインワークショップ 

11/20(日)poRiffワークショップ

11/20(日)エイブル・アートSDGsセミナー *全国どこからでもご参加できます!!

地域でSDGsの課題に向き合う取組みを「アートの視点からエンパワメントする」ことを通して、「誰一人取り残さない」社会づくりに寄与するプロジェクトです。

今回のパートナー団体「くふう」「副産物産店」のみなさんを招き、プロジェクトの報告と、新しく価値を生むものづくりや視点の持ち方の意義を語ります。

登壇者:薮内都(くふう)、矢津吉隆・山田毅(副産物産店)

進行:岡部太郎(一般財団法人たんぽぽの家 常務理事)

■日時:2022年11月20日(日)13:30~15:00

■現地参加=会場:近畿ろうきん肥後橋ビル 12Fメインホール

■定員:40名(※ご予約が必要なセミナーです)

◉オンライン参加⇒YouTubeにて配信します。

視聴用のURLは後日お申込みいただいたメールアドレスにご連絡いたします。

プロジェクト1 再彩(さいさい)ファクトリー

近畿ろうきんの事業活動で廃棄されるものに注目し、クリエイティブユニット「くふう」の協力のもと、ポーチやペンケースなど「再び彩りをもたらす」プロダクトに生まれ変わらせます。 パートナー団体:くふう

poRiff(ぽりふ)ワークショップ「ぺたんこバッグをつくろう!」

レジ袋をつかって新しい袋に生まれ変わらせるワークショップをおこないます。

■日時:2022年11月20日(日)10:30〜12:00

■会場:近畿ろうきん肥後橋ビル (アクセス)

■定員:5組10名まで(要予約)

※未就学児のお子様は、必ず保護者同伴でご参加ください。 ※材料等は準備しますが、使いたいビニール素材の袋があればお持ちください。

プロジェクト2 「〝福〟物産ツアー」

障がいのある人が創作活動をおこなっている福祉施設をめぐり、そこで生まれる「副産物」をリサーチ。組み合わせや見立てといった手法を使い、新しい作品、見てハッピーになる「福産物」として紹介します!

パートナー団体:副産物産店訪問団体:西淡路希望の家(大阪)/やまなみ工房(滋賀)/GoodJob!センター香芝(奈良)

プロジェクト3 副産物産店オンラインワークショップ

創作の現場、生活の現場などで、視点を変えて見ると価値が生まれるものがあります。それらを「副産物」と名付けて活動する「副産物産店」のお話を聞きながら、自分たちの身の回りにある「副産物」を探しましょう!

■日時:2022年11月11日(金) 18:00〜19:30

■Zoomによるオンライン配信 

■定員:20名

プロジェクト4 展覧会「リ・プレイ展」

今回のプロジェクトで生まれた作品や商品をご紹介するとともに、廃材を使って作品を作る吉田楓馬さん(やまなみ工房所属)の作品を紹介します。

■開催日:11月20日(日)

■会場:近畿ろうきん肥後橋ビル

※展覧会「リ・プレイ展」は、事前予約にて「ぺたんこバッグをつくろう!」「エイブル・アートSDGsセミナー」に参加した方のみご鑑賞いただけます。

プロジェクト5 エイブル・アートSDG sセミナー

■日時:2022年11月20日(日)13:30~15:00

ワークショップ、セミナーなどのお申し込みについて

・現地参加、オンライン参加共通 お申込みフォームはこちら

メールで申し込む →ableart@popo.or.jp

件名を「エイブル・アート SDGs」として、お名前、ご所属(任意)、参加希望プログラム(複数選択可)、視聴URLを受信するメールアドレスをお知らせください。

特設Webページの開設&期間限定(11/4~24)「オンラインストア」がオープン!

特設Webページでは、プロジェクトの報告や、webで作品展示をおこないます。特設Webページと連動して、「エイブル・アートSDGsオンラインストア」がオープン! 今回のプロジェクトで生まれた作品や、障がいのある人や地域で活動を進める団体の商品をオンラインにて紹介、販売します。 (協力:Good Job! センター香芝 )

▼特設webページ https://ableartsdgs.tanpoponoye.org/

▼エイブル・アートSDGsオンラインストア https://goodjobstore.jp/pages/able_art_sdgs_project_2022

開催パートナー団体の紹介

・くふう(大阪)

ゴミをすでに「あるもの」として捉え、あるものを使って工夫で世の中をちょっと愉しくする集団。関西の福祉施設とパートナーシップを組み活動している。

•副産物産店(京都)

アーティストのアトリエから出る副産物(発表する作品を主産物、それ以外に捨ててしまったり、不要なものを副産物として捉える)に新たな価値をつけて提供するプロジェクト。

お問合せ・お申込み先

一般財団法人たんぽぽの家(担当:岡部・中島)

〒630-8044 奈良市六条西3-25-4

Tel 0742-43-7055/Fax 0742-49-5501 Email ableart@popo.or.jp

*ZoomやYouTubeの使い方がわからない…という方は、お問合せ・お申込み先までお知らせください。

*ご提供頂いた情報は、一般財団法人たんぽぽの家が適切に管理し、本事業の実施以外には使用いたしません。

主催:近畿労働金庫 企画・運営:一般財団法人たんぽぽの家

協力:NPO法人関西NGO協会

後援:大阪府・大阪市・社会福祉法人大阪府社会福祉協議会・社会福祉法人大阪市社会福祉協議会・大阪労働者福祉協議会・大阪府生活共同組合連合会・こくみん共済coop(全労済)大阪推進本部

ビッグ幡 in東大寺 バーチャル美術館は継続中!

ビッグ幡 in 東大寺 [終了しました]

会期:2022年11月5日(土)〜13日(日)8:00〜17:00

会場:東大寺大仏殿前 *大仏殿内は入堂料が必要です。

11月5日(土)から東大寺大仏殿前にて「ビッグ幡(ばん)in東大寺(以降ビッグ幡)」が始まりました。ビッグ幡は、全国の障がいのある人の作品を公募で集めて、その中から選考で選ばれた64作品が、幡と呼ばれる大きな旗となり東大寺で掲揚されるイベントです。今年はいろんな規制の緩和や移動支援の効果からか、とても多くの人が訪れています。

*幡(ばん)とは… 寺院の重要な法要などの時に使われる「旗」で、仏や寺院を美しく飾り、称えるためのものです。人々の平和を祈る意味や魔除けの意味があると言われています。

そんな幡がゆったりとたゆたう大仏殿東の回廊では、「みん芸ピアノ」がいろんな音色を奏でています。

みん芸ピアノはラッピングピアノで、ラッピングデザインの元となった作品もビッグ幡に応募された作品の中から選考された作品です。今回は熊本県の方の作品が選ばれました。

*東大寺でのラッピングピアノは11月13日で終了しています。

バーチャル美術館 ー ビッグ幡in東大寺 作品展 ー

遠方で原画展を見ることのできないという方のためには、「ビッグ幡in東大寺 バーチャル美術館」を開設して、いつでもどこでも作品をご覧いただけます。奈良県に来られる方もそうでない方も、この機会にビッグ幡にぜひふれてみてください!

会期:2022年11月1日(火)〜30日(水)

インターネット上でご覧いただけます。

ビッグ幡in東大寺 原画展 [終了しました]

東大寺総合文化センター小ホールでは、ビッグ幡に応募された約640作品すべてを展示する「ビッグ幡in東大寺 原画作品展」も開催。

原画の持つ魅力を存分に堪能していただけます。

会期:11月5日(土)〜13日(日)9:30~17:00(入館は閉館の30分前まで)

会場:東大寺総合文化センター 小ホール

meu maputo-私のマプト-展 @HANAギャラリー

会期:2022年11月18日(金)〜2023年1月19日(木)11:00~17:00 *日・月・祝・12/29~1/4は休み

会場:たんぽぽの家アートセンターHANAギャラリー(アクセス)

*ギャラリートーク 11月19日(土)14:00~14:45

アフリカの南部に位置する「モザンビーク共和国」。そこで活動する二人の若手写真家による、首都マプトの写真・映像を展示します。シラッセ・サロモーニは道ゆく名もなく人々を、イルデフォンソ・コラッソはこの街で生きるアーティストを撮影。急成長をとげ、伝統と未来が混じり合うアフリカ・モザンビークの「現在」を紡ぐため、それを切り取る(映し出す)二人が表すものは。

・作家 Idefonso Colaco(イルデフォンソ・コラッソ)

Silasse Salomone(シラッセ・サロモーニ)

・展示テキスト Johnson Pedro(ジョンソン・ペデロ)

・ディレクション Daisuke Kobayashi