知財学習プログラム オンラインセミナー基礎編 in 愛知(7/28)

chizaiprg210728

 知的財産権は、表現を社会に向けて発信するときに必要となってくる、表現をまもりつつ広めていく方法としての基本ルール。遠い世界の話ではなく、私たちの身近な生活にもかかわる大切な問題です。
 たんぽぽの家では、楽しみながら知的財産や知的財産権について考える知財学習推進プロジェクトに取り組んでいます。今年度は、障害のある人の芸術文化活動の支援に関わる団体にご協力いただきながら、知的財産や知的財産権にまつわる権利保護の観点を学び合うオンラインセミナーをこれから順次4回にわけて開催していきます。
 第1回目となるセミナーは、あいちアール・ブリュットネットワークセンターから発信します。放課後等デイサービスの活動のなかで生まれた、キャラクターを描いた子どもたちの絵、かわいいので展示したいけど気を付けることは?、等々、あいちアール・ブリュットネットワークセンターには愛知県下の事業所から知財に関する身近な疑問がいくつか寄せられているそうです。本セミナーではまず最初に、たんぽぽの家のほうから表現をめぐる知的財産権に関する基礎的な内容のレクチャーをしたあと、後半は、あいちアール・ブリュットネットワークセンターの活動とそこに寄せられた質問を題材にしながら、参加者のみなさんと一緒に身近な知財の問題を考えていきます。どうぞふるってご参加ください。

お申込みフォーム→こちらをクリックしてください

 

日時:2021年7月28日(水)11:00-12:30

タイムテーブル:
11:00-11:50
表現をめぐる知的財産権について考える~基礎編~
・岡部太郎(一般財団法人たんぽぽの家・常務理事)
・藤井克英(Good Job!センター香芝・副センター長)
・後安美紀(一般財団法人たんぽぽの家・スタッフ)

11:50-12:00
あいちアール・ブリュットネットワークセンターの活動紹介
・小田泰久(社会福祉法人楽笑・理事長)

12:00-12:30 
質疑応答

開催方法:オンライン配信(Zoom)
定員:30名(申し込み先着順)
参加費:無料
主催:文化庁、一般財団法人たんぽぽの家
共催:あいちアール・ブリュットネットワークセンター

お申込み:お申し込みフォームに必要事項をご記入のうえ送信してください。

7月26日までにお申し込みください(定員を超えた場合は期日より前に締め切ることがあります)。開催2日前(7月26日)に、ZoomのURLを記したリマインダーメールを差し上げます。メールが届かない場合は、お手数ですが下記までご連絡ください。

お問い合わせ:一般財団法人たんぽぽの家 知財学習推進プロジェクト事務局 
Tel: 0742-43-7055、 Fax: 0742-49-5501、e-mail: chizai■popo.or.jp(■を@に代えて送信ください)

*本イベントは、令和3年度 文化庁 障害者芸術文化活動普及支援事業(文化芸術による共生社会の推進を含む)「障害者アートの権利保護と作品販売等に関するハンドブックの制作」により実施いたします。

3連ロゴ