NEW TRADITIONAL展 in 鳥取──和紙という銀河から、届く光──

 

omote

開 催 情 報 (二会場開催)

 

会場AAm’sギャラリー
開期:2022121日(金)~30日(日)
時間:10:0019:00 
休館日:会期中無休
住所: 鳥取市行徳1-155 Am’s店内
HP: https://ams-tottori.jp/

会場B:ギャラリーからふる
開期:2022121日(金)~29日(土)
時間:10:0017:00
休館日:日曜休
住所:鳥取市元町101アートスペースからふる2
HP:https://art-colorful.com/




NEW TRADITIONAL
は、障害のある人とともに、伝統工芸をとおして新しいものづくりのありかたや、それらが息づく生活文化を提案するプロジェクトです。ものをとおしてつくり手、つかい手、つたえ手が垣根をこえて交流し、語りあう場をつくります。今回は因幡国を舞台に、地元の障害のある人たちと因州和紙(いんしゅうわし)の可能性をひろげる実験に取り組みました。その様子を展覧会とトーク、ワークショップで紹介します。会場は暮らしを彩る手しごとが並ぶストアの一角にあるギャラリーと、障害のある人たちが創造性豊かに活動する地域のアートスペースです。お誘いあってお越しください。

profile本展ディレクター 川﨑富美
プロフィール:プロダクトデザイナー。1979年鳥取市生まれ。岡山県立大学デザイン学部卒業。2007-2017年、株式会社良品計画にて無印良品の商品企画・デザイン、Found MUJI・福缶企画等を担当。2017年末、Uターンし開業。アートスペースからふるの商品デザイン、鳥取民藝美術館のビジュアルデザイン、Am’sの店舗デザインなどを手掛ける。鳥取大学非常勤講師。




展覧会会期中、開催会場とオンラインにてトークイベント「ニュートラ談義」と会場にて行うワークショップを開催します!イベントの申し込みは、下記のフォームから受け付けています。ぜひご参加ください。

 

▶︎トークイベント「ニュートラ談義」  Am’sとオンラインでハイブリット開催(※ 要申し込み)
定員:会場は各回20名

※1月20日12:00追記:1/22(土)開催のトーク「和紙という銀河をおよぐ」は、新型コロナウィルス感染拡大予防の観点から、オンラインのみで実施いたします。すでに会場でのご参加申し込みをされた方には、事務局よりオンライン配信のご案内をいたします。

①.  1/22(土) 15:00〜16:30 「和紙という銀河をおよぐ」
登壇:川﨑富美(本展ディレクター)× 伊奈真弓(アートスペースからふる)× 中原寛治(中原商店)
進行:岡部太郎(一般財団法人たんぽぽの家)

②. 1/30(日)15:00〜16:30 「NEW TRADITIONALからみえてきたもの」
登壇:川﨑富美(本展ディレクター)×藤井克英、松本綾(Good Job!センター香芝)
進行:森下静香(Good Job!センター香芝)



▶︎ ワークショップ「仏像絵付体験」
アートスペースからふるの山村和弘さんの作品を元にして、和紙製のはりこにペイントするワークショップを開催します。
日時:1/29(土)10:00〜12:00 定員5名
会場:アートスペースからふる2階

 


▼ 関連トークイベント・ワークショップお申込み方法 ▼
下記のフォームもしくはお問合せ先に必要事項を記入してお申し込みください。
受付後事務局から連絡をします。
https://forms.gle/5kdxBnHkqQerU4s86
※オンライン視聴もお申し込みが必要です
※facebookイベントページへのリアクションでは参加申込みとはなりません。

 

 

問合せ:一般財団法人たんぽぽの家
〒630-8044 奈良県奈良市六条西3-25-4
Tel.0742-43-7055 Fax.0742-49-5501
E-mail nt@popo.or.jp

主催:文化庁/一般財団法人たんぽぽの家
協力:一般社団法人 アートスペースからふる、株式会社 中原商店、株式会社 torinoko、工作社、合同会社 僕ら、Am’s
令和3年度 文化庁委託事業「障害者による文化芸術活動推進事業(文化芸術による共生社会の推進を含む)」