エイブル・アートSDGsプロジェクト「子どもとタッチ!つながるスイッチ」

ニューストップ画像
「なんだこれ?!サークルinバンコク」(タチョナ)/Photo by  Mr.Taweewat Somprasetsri

エイブル・アートSDGsプロジェクト2021 〜地域の文化発展(Community Cultural Development)〜rokin-title

未来の子どもたちと、かつて子どもたちだったすべての人たちに。
子どもが生きやすい社会は、誰もが生きやすい社会をつくるきっかけになります。子どもに関わることで、家族や地域を考えたり、よりよく生きることについて、自分の足元から考える機会になります。今年度は子どもたちと文化的な活動や社会課題につながる活動をしている団体と出会い、その考え方や方法を学びます。その学びを市民のみなさんと共有・対話し、生まれた知恵は社会全体の共有財産として残していきたいと思います。

エイブル・アートSDGsプロジェクト
多様な市民の文化的生活をアートによってエンパワメントし、発展させていくことで、持続可能でより良い世界をめざす「SDGs」の達成および「誰一人取り残さない」社会づくりに寄与するプロジェクトです。

 

オンライン開催

・3月5日(金)特設Webページ Open!
・3月6日(土)「子どもとタッチ!つながるスイッチ」オンラインワークショップ
・3月14日(日)エイブル・アートSDGsセミナー

 

「子どもとタッチ!つながるスイッチ」オンラインワークショップ

関西を中心に子どもに関する活動を進める団体による、ワークショップを開催します。
*参加方法:Zoomを使って実施をします。詳しくは申込方法はこちら→フォームへ
*参加対象:中学生までの子どもと保護者、その他一般参加者

 

●Vol.1 「はじめての『なんだこれ?!』」
「一般社団法人タチョナ+岩淵拓郎」による活動紹介とワークショップ」

実施日時:3月6日(土)13:00~14:30   ワークショップ定員:20名

01

 なんだこれ?!サークルは、思わず「なんだこれ?!」と言いってしまいそうなことが大好きな人たちの集りです。なんだこれ?!なことを思いついたら、実際にそれをやってみたり、カタチにして、誰かと共有したり考えたりします。ぜひいっしょにやってみましょう!

 

 

 

●Vol.2「伝えよう・広げよう『みんなの防災』」
「ママコミュ!ドットコム」による活動紹介とワークショップ」

実施日時:3月6日(土)15:00~16:30   ワークショップ定員:10名

02

防災に関するイラストを見て、キミなら「だれに」「なにを」伝えたい? 自分の命、みんなの命を守ることばを集めて「みんなの防災カルタ」を作る、アート×防災のワークショップを実施します。チームをつくって楽しくつくりましょう!

 

 

 

 

エイブル・アートSDGsセミナー

実施日時:3月14日(日)13:00~15:10
*視聴方法:YouTubeにて配信します。詳しくは申込方法はこちら→フォームへ
*参加対象:近畿ろうきん会員組合・生協、NPO・行政・教育機関関係者、その他一般参加者

関西を中心に、子どもに関する活動を進める団体を招き、活動紹介をします。分野を超えた議論をすることで、文化活動をとおした地域づくりを考えるヒントを探ります。3月6日のワークショップの報告もおこないます。
登壇者:西川奈央人(NPO法人西淀川子どもセンター 代表)
    小島剛(一般社団法人タチョナ 代表)
    岩淵拓郎(メディアピクニック/編集者/タチョナ講師)
    吉田田タカシ(アトリエe.f.t. 代表)
    出水眞由美(ママコミュ!ドットコム 代表) 
進 行:岡部太郎(一般財団法人たんぽぽの家 常務理事)

0304

 

 

 

 

 

 

特設Webページ  オープン期間:2021年3月5日(金)〜24日(水)

○「エイブル・アートSDGsプロジェクト 特設Webページ」を開設し、今回のワークショップやセミナーに登壇するパートナー団体の活動紹介を行います。※特設Webページの開設については近畿ろうきんホームページ等でおしらせします。

○「オンラインマルシェ」の開催
特設Webページと連動して、「エイブル・アートSDGsオンラインマルシェ」がオープン! 障がいのある人や地域で活動を進める団体の商品をオンラインにて紹介、販売します。

 

 

開催パートナー団体の紹介

一般社団法人タチョナ(touch on art)(大阪)
子どもとアートに関するNPO。いつもは認識しにくい日常の豊かさを具体的にビジュアル化する活動に取り組んでいる。

アトリエe.f.t.(奈良・大阪)
約20年にわたり、「つくるを通していきるを学ぶ」を掲げる美術アトリエ。子どもたちが自由な発想で創造活動ができる「こどもあとりえ」の運営を展開している。

ママコミュ!ドットコム(大阪)
大阪の上町で子育て情報を交換するコミュニティとして発足。特に防災については、日常生活の視点から子育てをとおして、社会へと視点を広げる活動を展開している。

NPO法人西淀川子どもセンター(大阪)
子ども自身が自分のことを気軽に話せる場と人を増やすという、地域に根差した子ども支援を目指し、居場所づくりや夜をひとりで過ごす子どもへの夜間支援活動などを行っている。

 

 

お問い合わせ先、ほか

お問い合わせ先:一般財団法人たんぽぽの家

主催:近畿労働金庫 企画・運営:一般財団法人たんぽぽの家 協力:関西NGO協議会
後援:大阪府、大阪市、社会福祉法人大阪府社会福祉協議会、社会福祉法人大阪市社会福祉協議会、 大阪労働者福祉協議会、大阪府生活協同組合連合会、こくみん共済coop(全労済)

rokin_sdgs2021_A4_omote