あなたも「アートラリー」に参加しませんか!(京都市在住の方・限定)

あなたも「アートラリー」に参加しませんか

〜 OPEN KITCHENプロジェクト参加者募集 〜

IMG_2581

京都市立芸術大学とたんぽぽの家では、 交流プロジェクト「OPEN KITCHEN」を2016年より実施しています。これまで、京都市立芸大の作家と障害のある作家が作品を送りあいながら共同制作を行う「アートラリー」を展開し、アートを通じた新たな交流のあり方を模索してきました。
さて、いま、新型コロナウイルスの流行を受け、私たちの生活や人と人のふれあいの形は大きく変りつつあります。このような世界の中、どのように他者と交流していくことができるのでしょうか。
私たちはアートラリーを通じて、そのヒントを探したいと思っています。 そして今回は、作家たちだけではなく、みなさんにもこのラリーに参加していただきたいと思っています。これからのアートのあり方や、人のつながりかたを一緒に考えてみませんか。ぜひご参加ください。

アートラリーとは
障害のある作家と京都市立芸術大学の作家が1人ずつペアを組み、作品を送りあいながら共同制作を行う取り組み。 送られてきた作品にどうやって返答するか(送られてきた作品に直接手を加える、全く別の作品を送り返すなど)はそれぞれの作家に任せられている。

 

対象

◎定員: 6名 ※応募期間・11月中
先着順・どのペアのラリーに参加するかは事務局で決めさせていただきます。ご了承ください。

◎参加料: 無料 
作品の返送等にかかる費用は事務局が負担します。

◎対象京都市に在住の方で、アートラリーに参加いただける方ならどなたでも!
ご参加いただける場合、ご自宅の中の写真を撮影し、事務局へ送っていただくほか、事務局より記録撮影にうかがう可能性がございます。また、その写真はSNSや報告冊子などにてひろく公開していく予定です。あらかじめご了承ください。

 

現在のOPEN KITCHEN の様子はInstagramからご覧いただけます!!→こちら

 

参加方法とスケジュール

[2020年12月初旬ごろ]
あなたのおうちに、アートラリーの作品が届きます。作品と一緒に参加者のみなさんに「やってほしいこと」をお知らせしますので、その指示にそってあなたなりの「ラリー」を返してください。12月中旬には作品を返送していただきます。

[2021年3月中旬ごろ]
ラリーを重ねて完成した作品を、作家本人があなたのおうちへ届けます。おうちのなかで作品を展示し、 その様子を写真に撮って送ってください。3月末から4月初旬には作品を引き取りに伺います。

※日程や作品のお届け方法など、詳細は参加者が決定後、改めてご連絡・ご相談させていただきます。ご不明な点や、前もって確認したい事項がある場合はお気軽にお問い合わせください。

20170526_IMG_8538_NK

キュレーション・出展作家

キュレーション: 寺岡波瑠
出展作家: 12名、6ペア(たんぽぽの家×京都市立芸術大学)
岡村雄介×中森碧 / 小松和子×黒川岳 / 萩原宏一郎×平田万葉
平井和樹×鮎川奈央子 / 水田篤紀×加納明香 / 味波晴巳×松岡美里

 

お申し込み/お問い合わせ先

●フォームにて https://forms.gle/SXMeQDmrwLMz2Fm98
●Eメール、Fax、郵送にて 1/お名前 2/メールアドレス  3/お電話番号   4/ご住所 をご記入のうえ、お申し込み先(ableart@popo.or.jp)までご連絡ください。

[お問い合わせ先]たんぽぽの家/吉永・大井
Tel:0742-43-7055   Fax:0742-49-5501   E-amil ableart@popo.oe.jp
ご記入いただきました個人情報は厳正に管理のうえ、本プロジェクト以外の目的には使用いたしません。