クラウドファンディングで「OPEN KITCHEN」を応援してください!

a

クラウドファンディングで「OPEN KITCHEN」を応援してください!

2020年、全世界において新型コロナウイルスが猛威を振るい、日々の生活の様子や人と人とのコミュニケーションのあり方が大きく変容しました。また、アートの領域においても、展覧会の中止や延期のみならず、ワークショップやコミュニティアートの現場でも、開催のためにさまざまな工夫や配慮が欠かせない現状となっています。
このような状況下だからこそ、私たちは互いのちがいやコミュニケーションを楽しんだり、多くの人がさまざまな手法でアートに触れられる場として協働制作プロジェクト「OPEN KITCHEN」を実施します。

*詳細はこちら→ クラウドファンディング・Ready for「京都市ふるさと納税×アーティスト応援|創作を途絶えさせない」

 

*協働制作プロジェクト「OPEN KITCHEN」とは

「OPEN KITCHEN」は、たんぽぽの家と京都市立芸術大学による協働制作プロジェクトです。 本プロジェクトでは、たんぽぽの家で活動する障害のあるアーティストと京都市立芸術大学の学生や出身のアーティストがペアになり協働制作を行うもので、2016年より行っています。自身が作った作品を相手に送り、受け取った人はそこに手を加えて送り返し、また手を加えて相手に渡す…、そんなやり取りを「アートラリー」とよび、アートを通したコミュニケーションの可能性をさぐってきました。
今回の「OPEN KITCHEN」では、市民の方にもアートラリーに加わってもらい、より深く作品と語りあえるような鑑賞の方法も探ります。

 

 

OPEN KITCHEN」を応援する!

クラウドファンディング「Ready for」を活用し、協働制作プロジェクト「OPEN KITCHEN」を応援してください。

*詳細はこちら→ クラウドファンディング・Ready for「京都市ふるさと納税×アーティスト応援|創作を途絶えさせない」

*チラシをダウンロードする→ チラシのPDF

〇目標金額 956万円 
〇募集締切 11月13日(金)23:00

 

1)「OPEN KITCHEN」は、京都市が実施するプロジェクト「京都市ふるさと納税×アーティスト応援|創作を途絶えさせない」(全11アーティストが参画)の一環で行なうものです。

ウィズコロナ社会の新たなモデルとなるクラウドファンディング(ふるさと納税型)を活用した助成金「京都市文化芸術活動再開への挑戦サポート交付金」事業にて行います。

※たんぽぽの家以外にもたくさんの作家や団体がプロジェクトを実地しています。是非ご覧ください

 

2)「OPEN KITCHEN」を直接、応援できるコースが4つあります!

・5000円と10,000円コースでは、特定のプロジェクトを選んで応援できます!

・30,000円と50,000円コースでは、応援いただいた方にリターン(返礼品)として、「ラリーのかけら」パックと題した、オリジナリティあふれるグッズをお届けします!
*昨年の報告書→ PDF  (コレがさらに変身したものが、あなたのお手元に届きます~!お楽しみに!)

 

3)本プロジェクトに対する個人様からの寄附金は、「ふるさと納税」の対象となります。

ふるさと納税制度とは、自治体への寄附額のうち2,000円を除く金額が所得税・個人住民税から控除される制度です。(詳しくは、Ready forのサイトをご覧ください)

c

 

〇お問い合わせ先:京都市文化芸術総合相談窓口(京都芸術センター/公益財団法人京都市芸術文化協会内)
電話075-252-2162 E-mail ask@kyotoartsupport.com