演劇・HANAPLAY「僕がうまれた日」 @大阪・應典院・1/18

hanaplay2001

HANAPLAY「僕がうまれた日」

日時:2020年1月18日(土)15:15開場 15:30開演(終了後、アフタートークがあります)
チケット:一日フリーパス券 一般1,800円  應典院寺町倶楽部会員1,400円 
     *チケットのお求めはこちら→コモンズフェスタ2020 
場所:浄土宗應典院 本堂(アクセス)

構成・演出:佐藤拓道 
出演:上埜英世、大西照彦、河口彰吾、河野望、北川憲一、清水要一、下津圭太郎、田山理人
   本田律子、山口広子、上園理沙、北夏郎、菱川瑞姫、行方雄大、もりながまこと

 

應典院寺町倶楽部主催コモンズフェスタ2020参加企画
「僕がうまれた日」 
たんぽぽの家アートセンターHANAは、アートを通じお互いの感性を交感できる、地域に開かれた場として様々な活動を行なっています。絵画やテキスタイル、陶芸といった活動のみならず、近年は演劇やダンスなどのパフォーマンスを通じ多くの人たちを関わる場を作っています。
、毎週火曜日に行なっている演劇プログラム「HANAPLAY」では、これまで参加メンバーの日常の体験談をもとに様々なシーンを作ってきました。その出来上がったシーンに、ある年の夏の日、突然他界した私たちの仲間の記憶を重ね、この「僕がうまれた日」ができました。いわばセミドキュメントな物語です。みなさまのお越しを心よりお待ちしております。